最上級のモリンガをご提供できるモリンガ専門店  モリンガ通販なら自然栽培の天草モリンガ農場彩農園 モリンガ通販なら露地栽培の天草モリンガ農場彩農園 モリンガ通販なら越冬株の天草モリンガ農場彩農園 
天草モリンガ 栽培・卸・通販
モリンガ通販なら天草モリンガ農場 彩農園
 クレジット、後払い、代金引換   
初回ダイレクト
商品購入特典
全額返金保障制度
 AM10:00〜PM5:00
※土・日・祝日は休業させていただいております。
彩農園トップ モリンガ100% 今すぐご注文 定期購入 よくあるご質問 会社概要 お問合せ


ショップガイド
  ご注文の流れ
  モリンガ製品のご案内
  今すぐご注文
  定期のご案内
  モリンガの苗木のご注文
  よくあるご質問
  送料について 
  お問い合わせフォーム
  特定商取引法に基づく表記
  プライバシーポリシー
  会社概要


お得な情報
モリンガのお試しなら天草モリンガ彩農園のトライアルモリンガ

お得なモリンガなら天草モリンガ彩農園のモリンガ徳用定期購入

経済的なモリンガは天草モリンガ彩農園のモリンガ徳用袋


彩農園と彩農園のモリンガ
  お茶の飲み方・保存方法
  モリンガのレシピ
  彩農園のモリンガを食べる
  モリンガのお取扱店さま
  彩農園のモリンガ圃場
  彩農園の健康コラム
  彩農園の活動・記事

モリンガについて
  モリンガとは
  モリンガの花
  モリンガの葉
  モリンガの種
  モリンガの雑学


天草モリンガ彩農園のお客様からの良くある質問

天草モリンガ彩農園のお客様の声

天草モリンガ彩農園のご注文の流れ

天草モリンガ彩農園のモリンガ試験結果


モリンガの含有成分とその働き
  モリンガの成分分析表
  ミネラルについて
  青汁


天草モリンガ農場 彩農園へのお問合せはこちらから


モリンガをより知っていただく為に… 
モリンガ100%
彩農園のモリンガ100%の錠剤
 ・錠剤 タブレット    
 ・健康食品と賦形剤(増量剤)
 ・健康食品を加工する順番  
 ・彩農園のモリンガ


◇授乳中のお母さんへ 
健康な母乳を作る為に役立つモリンガ 
 ・妊婦等への注意喚起表示
 ・母乳はお母さんの血液
 ・母乳に含まれる栄養素
 女性ホルモンに関わる栄養素


◇美容との関係  
 美容に良い成分を含むモリンガ
 ・アンチエイジング
 ・美白  whitening
 ・美肌
 ・活性酸素


◇有酸素運動にモリンガ BCAA 
燃焼系のアミノ酸を含むモリンガ 
 ・筋肉とアミノ酸
 ・サルコペニア
 分岐鎖アミノ酸(BCAA)


アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダで活用されるモリンガ 
 ・アーユルヴェーダ 概要
 ・アーユルヴェーダ ヨガ
 ・アーユルヴェーダ 瞑想


◇花粉症
花粉症対策にモリンガ


◇インド モリンガ視察
インドモリンガの視察 

NPO法人インドに幼稚園を作る会
NPO法人インドに幼稚園を作る会
インドのデカン高原に約6hのモリンガ農場を作り、現地の村人の収入源の産業を支援しております。インドのモリンガ農場でも自然栽培でモリンガを栽培いたしております。彩農園のモリンガ種は、この農場で採種したものを販売いたしております。彩農園は、売上の一部を会に寄付いたしております。


 【 モリンガを食べよう〜 】
薬膳野菜のモリンガを食べよう 
彩農園認定証

農林水産省六次産業の認定
六次産業化
総合化事業計画認定証

(平成25年6月3日認定

食育指導士認定証
食育指導士認定証
(平成24年2月28日認定)

天草市認定農家認定証
天草市認定農家
(平成23年9月1日認定)


お支払い方法

クレジット、後払い、代金引換


代引手数料 
 代引金額 手数料 
 〜10,000円  315円
 〜30,000円  420円
 〜50,000円  630円


  

amakusamoringa 花粉症対策にモリンガ 
花粉症(かふんしょう)とは1型(いちがた)アレルギーに分類される疾患の一つです。
植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、
発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。

枯草熱(こそうねつ)とも言われる。
(日本の場合は農林水産省等が推奨したスギの人工林から大量飛散する花粉が抗原となる場合が多いそうです) 
                                                   ウィキペディア(Wikipedia)より
 
 花粉対策に彩農園のモリンガ茶

本日の花粉情報が見れます。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/kafun/

amakusamoringa 花粉症の疫学 
花粉症は誰もが認める増加している病気ですが、どの程度の患者がいるのかはっきりとしたデータはあまりありません。その中で日本アレルギー協会会長の奥田稔氏が行なった住民台帳を基準にした疫学調査は1万人を対象とした今までにない大規模なものだったそうです。

回収率も56%と全国規模のアンケート調査としては良好で、その調査によると全国平均では15,6%で地域別の有病率では東北13.7%、北関東21.0%、南関東23.6%、東海28.7%、北陸17.4%、甲信越19.1%、近畿17.4%、四国16.9%、中国16.4%、九州12.8%で北海道、沖縄はごく少ない有病率だったそうです。

ある最近の調査によるとスギ花粉症の有病率は全国で20%を超えると報告されています。少なくともスギ花粉症はアレルギー性鼻炎全体と共に増加していることは明白であり、注意が必要です。

また近年では花粉症発症年齢の低下が叫ばれています。成人男女958名を対象としてその子供を含めたアンケート調査が行なわれた際、スギ花粉症の有病者はハウスダスト・ダニアレルギーを合併しているものも含めると母集団では377名(39.3%)、平均12.17歳である子供たちの集団では167名(16.1%)とやはり成人での有病率が高くなっていたそうです。

しかし、それぞれの集団で15歳までの発症率を見ると母集団では5.3%に対し、その子供たちの集団では9.7%と約2倍に上昇し、花粉症の低年齢化を示していると言われています。花粉症の有病率は刻々と変化をしていますが、現在の状況では極端に減少することは考えらにくいそうです。

 花粉対策に彩農園のモリンガ茶
■スギ、ヒノキ科の花粉
日本で最も多い原因は、約8割をしめるスギ花粉です。

九州では2月上旬、関東では2月中旬、東北地方では3月上旬から中旬に飛散し始めることが多く、約2カ月間も続くそうですから大変ですね。

花粉は、日中、晴れた日に多く飛散するとは既に周知の事実です。
しかし、近年飛散量が増えているヒノキ科の花粉が、スギ花粉より1カ月から1カ月半遅れて飛散するので、症状が長引く場合はヒノキ花粉症を併発している可能性もあるそうです。

イネ科の植物の花粉
花粉症の原因となるイネ科の植物の代表はカモガヤです。
全国いたるところの道端、空き地、土手、河川敷など身近な場所に繁殖し、5月から8月ぐらいまで花粉を飛ばします。

カバノキ科の花粉
北海道では、スギが少ないので、スギ花粉症はほとんどないそうです。
代わりに4月から6月にかけてシラカバやハンノキなどのカバノキ科の花粉が飛散するため花粉症を引き起こします。

近畿地方ではカバノキ科のヤシャブシが多く植林され、ヤシャブシ花粉症が問題になっており、花粉は1月から4月にかけて飛散します。

ブタクサなどの雑草の花粉
第二次世界大戦後、アメリカから大量に入ってきたブタクサは花粉症の原因としてよく知られていますが、空き地の減少や積極的な刈り取りにより少なくなっているそうです。

飛散時期は8月から9月です。
ヨモギによる花粉症もブタクサと同じくらいの時期で、シーズンはブタクサより半月程度遅れます。

花粉症の症状
・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ(4大症状)
花粉症のくしゃみは発作のように連続して起こり、回数が多いのが特徴です。
風邪の場合は長くても1週間程度で治まりますが、花粉症の場合はシーズン中続きますから、厄介です。鼻水は水のようにサラサラして、風邪のときのように粘り気がある黄色い鼻水にはなりません。
鼻づまりや目のかゆみも強く出ます。

・その他のさまざまな症状
花粉がのどから気管に入ると、たんの出ない乾いたせきが続くことがあるそうです。
重症の場合は、気管支の粘膜が腫れ、のどの痛みや呼吸困難が起こることもあるそうなので怖いですね。 皮膚に花粉がつくことで肌が荒れたり、耳の中に花粉が入ることで耳にかゆみが起きることも良く聞きます。

花粉症の症状が重いと、ぼーっとして熱っぽい、だるく倦怠感がある、頭が重いといった全身症状をともなう場合もあります。

amakusamoringa 花粉症予防に効果的な栄養素 
こんなつらい花粉症を予防するには、花粉をできるだけ持ち込まない事とバランスの取れた食生活が大切です。 

花粉の付着を防ぐためには、メガネやマスクをしてブロックしましょう。気管や手についた花粉を洗い流すために、しっかりと「うがい・手洗い」をすることも効果的です。

これは風邪の予防にもなりますし、やはり菌を体内に入れないことが様々な病気の予防につながりますね。

食事ではインスタント食品や加工食品・刺激の強い香辛料を避け、野菜をたっぷり摂れる昔ながらの和食がおすすめです。魚や野菜からは良質のたんぱく質やα-リノレン酸・ビタミン・ミネラルなどが摂れます。

食生活と睡眠を充分にとることで免疫力を高め、花粉に負けないからだ作りを目指しましょう!

免疫機能を高める栄養素と食材は以下のとおりです。
■ビタミンA
皮膚や粘膜を正常に保ち、感染症を予防し、活性酸素を除去します。

■ビタミンC
ストレスに負けない体をつくり、皮膚を丈夫にします。

■ビタミンE
過酸化脂質の生成、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、抹消血管を広げて血行を良くします。

■食物繊維
腸内にある悪玉菌などの有害物質をカラダの外に出し、善玉菌を増やして腸内環境を改善します。

■ポリフェノール
強力な抗酸化作用があり、活性酸素を封じ込めて有害物質を無毒化します。

[ 健康 食生活 ] (2011.02.21 )



     
やはり日頃からバランスのとれた自然な食事をとることで免疫力をあげ、花粉症にならない身体作りが大切なのですね。(実感)

皆さまに一言〜 例えば主食は何ですか? お米ですか?私は、「玄米」を食べています。
私達の身体は、主食を変えるだけで、調味料を変えるだけで違ってきます。

23歳になる娘も、帰省した際 初めは「玄米…?」と不服そうでしたが、学校へ戻る時には玄米を持って帰りました。 
食べてみると違いが分かったのでしょう。まずはお通じが違います。次にお肌の状態が変わります。
以来、ずっと玄米食を続けています。
最近は、「もりんが くきのお茶・葉っぱのお茶」を使った「玄米粥」に凝っているようです。

私は花粉症は全くないのですが、彼女が大変ひどい花粉症でした。(既に過去形です。)ずっと、食事を意識し、出来ることを続けたから、花粉症も過去形になったのだと思います。ちなみに彼女は、こなのお茶が苦手です。普段はくきのお茶を大変好んで飲みますが、1月ごろからは花粉症対策で葉っぱのお茶を相当量飲んでました。普段、モリンガ茶をお飲みの方は、1月頃から量を増やしてお飲みいただくのがよろしいと思います。

娘の変化で食の大切さを、改めて感じたこの3年でした。 続けることが、意識することが大切だと思います。諦めないで、自分の身体は自分でつりましょう!


モリンガは一般栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が多く含まれています。
ポリフェノールも赤ワインより多く含有しています。
お茶のようにただ飲むだけで簡単にお召し上がりいただけます。
 


                                   →モリンガの栄養素はこちらから

お取扱い商品一覧

自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶのお茶
<モリンガ こなのお茶10P 徳用30P> <モリンガ つぶのお茶10P 徳用30P>   
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶徳用袋 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶ徳用袋
<モリンガ こなのお茶徳用袋 60g> <モリンガ つぶのお茶徳用袋 120粒>
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ葉のお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガくきのお茶
<モリンガ 葉のお茶10P 徳用30P> <モリンガ くきのお茶10P 徳用30P>

天草産 モリンガ 製品のご注文はこちらから

                                     →このページのトップへ

amakusamoringa スギ花粉について
スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めています。このためか花粉症の患者さんの約70%はスギ花粉が原因です。

しかし花粉量には地域差があり、森林面積に対する比率では九州、東北、四国で高くなっています。北海道にはスギ花粉飛散は極めて少なく、沖縄にはスギが全く生息しません。

関東・東海地方ではスギ花粉症患者が多く見られます。ヒノキ科花粉症も見られますが、スギの人工林がより多いのでスギ花粉が多く飛散します。

関西ではスギとヒノキ科の植林面積はほぼ等しいですが、今のところヒノキ科は幼齢林が多く、東日本よりヒノキ飛散の割合が多いと考えられています。

           花粉対策に彩農園のモリンガ茶

スギをはじめとする風によって花粉を運ぶ植物(風媒花)は虫などが花粉を運ぶ植物(虫媒花)よりも多量の花粉をつくり、花粉が遠くまで運ばれるので花粉症の原因になりやすいと考えられています。

原因となる花粉の種類は多く、日本ではこれまでに50種類以上の原因花粉が報告されています。 
このような花粉症を引き起こす風媒花には、樹木ではスギやヒノキの他にシラカンバ、ハンノキ、ケヤキ、コナラ、ブナ、オオバヤシャブシなどがあります。

草本ではカモガヤなどのイネ科の花粉症が多くなってきていますが、他にブタクサ、ヨモギなどキク科の植物があげられます。

主な花粉の飛散時期つまり症状が出現する時期はスギ、ヒノキなどの樹木では春が中心ですが、イネ科の場合は初夏に、キク科の場合は真夏から秋口に飛散します。

世界的な温暖化の影響でスギ花粉飛散数も増加が予想されます。気象庁によるシュミレーションでは関東のスギ林密度も増加する傾向にあります。


                                →このページのトップへ

amakusamoringa 鼻や眼の機能と花粉症
鼻の機能は呼吸する空気の加温、加湿、防塵です。花粉が鼻粘膜からはいると表面についた花粉は鼻の粘膜の上皮細胞にある線毛がベルトコンベアのように働く事により鼻の外に運び出されます。

運び出されなかった花粉は鼻の粘膜に付着し、抗原成分を鼻粘膜にしみこませます。鼻の粘膜の中にはアレルギーの細胞である肥満細胞があります。

スギ花粉症患者さんの場合にはスギ花粉に対するIgE抗体が肥満細胞のまわりに結合しています。このIgE抗体が溶けだしたスギ花粉の抗原成分を捕らえて結合して肥満細胞が活性化し、反応を生じます。

その結果、放出されたヒスタミンが鼻粘膜表面の神経を刺激し、くしゃみを起こし反射的に鼻汁の分泌を生じさせます。さらにヒスタミンは血管を刺激して鼻づまりの症状を引き起こします。

繰り返しスギ花粉との接触が多くなると、花粉症の症状は強まります。結膜も肥満細胞上のIgE抗体と結膜の表面で溶けだしたスギ抗原成分が結合してヒスタミンが放出されます。ヒスタミンも同じく結膜表面の神経を介して痒みを生じ、反射性に涙の分泌が増え、神経の過敏によって異物感が強くなります。


        花粉対策に彩農園のモリンガ茶

掻痒感が強い場合にはドライアイという乾く目の病気の合併の可能性があります。

厚生労働省の研究班の調査ではスギ花粉症では発熱などの全身症状はすくないものの、口の渇き、咽の違和感、皮膚のかゆみなどの鼻や眼以外の症状を訴える方も多いことが分かって来ています。

                                     →このページのトップへ

amakusamoringa スギ花粉症の治療
花粉症の治療は他の鼻や眼のアレルギーの治療と基本的には同じですが、急激に花粉にさらされるため、急性の強い症状への配慮も必要となります。
治療法を大きく分けると、症状を軽減する対症療法と根本的に治す根治療法の二つがあります。

                            
・対症療法 内服薬による全身療法・点眼、点鼻薬などによる局所療法・鼻粘膜への手術療法
・根治療法 原因抗原(花粉など)の除去と回避・減感作療法(抗原特異的免疫療法)

対症療法として抗ヒスタミン薬(第一世代、第二世代)、化学伝達物質遊離抑制薬、ロイコトリエン拮抗薬などの内服や点鼻、点眼、そしてステロイド薬の点鼻、点眼などが組み合わせられます。

鼻の症状ではくしゃみ、鼻汁が強い症状の場合は第2世代抗ヒスタミン薬が多く使われます。
鼻閉が症状の主体である場合にはロイコトリエン拮抗薬がよい適応となります。

どの症状も中等症以上になった場合には主として鼻噴霧用ステロイド薬がもちいられます。より鼻づまりが強い場合には点鼻用血管収縮薬や時に内服のステロイド薬を使う場合があります。

この内服ステロイド薬は2週間を目途として使用します。全身性のステロイド薬の筋肉注射はアレルギー専門の施設ではその副作用の問題からほとんど行われていません。

眼の症状に対しては抗ヒスタミン薬の点眼液、化学伝達物質遊離抑制薬の点眼液がその主体となりますが、症状の強い場合にはステロイド点眼液を使用することがあります。この場合には眼圧の上昇に注意が必要です。


      花粉対策に彩農園のモリンガ茶

現在、アレルギー治療薬の使用方法として花粉飛散開始とともに薬剤の投与を始める初期治療が一般的であり、季節が始まって症状が出現してから薬剤を服用し始めるより効果が高いことが分かっています。副作用としては、抗ヒスタミン薬は多かれ少なかれ眠気が出ることがあります。

鼻噴霧用ステロイド薬は局所のみで血液中に入らないため副作用は少なくなっています。血管収縮薬は使いすぎると血管が薬剤に反応しなくなり逆に拡張し続けるため鼻閉がひどくなることがあり、注意が必要です。市販薬の点鼻薬にも含まれていますので注意して使用しましょう。

減感作療法は抗原特異的な免疫療法とも呼ばれ、花粉の抽出液の濃度を少しずつ上げ注射して、身体を花粉に慣らす(花粉に対し防御する免疫を獲得する)ようにさせる方法です。週に1ー2回の注射で進みますが、維持量からは2週間に1回を2ヶ月間続け、その後1ヶ月に1回の注射となります。

これは体質改善のため2年以上続けることが重要です。やめた後でも効果が持続するのがこの治療法の特徴であり、2年以上続けた患者さんの約60%の方に効果が持続しています。

                             →このページのトップへ

amakusamoringa 花粉症のセルフケア
外出時はできるだけ花粉を避ける
晴れて風が強い日中は花粉がたくさん飛びます。とくに飛散のピークとなる昼前から午後3時ごろの時間帯はなるべく外出を控えましょう。

外出時はマスクをし、メガネやゴーグル、帽子を着用します。ニットの服は花粉がつきやすいので、花粉の季節は、スベスベした素材の服を選んで着るようにしましょう。

室内に花粉を持ち込まない
外出から戻ったときは、家に入る前に玄関先で服などについた花粉を払い落としましょう。また、すぐに手や顔、目、鼻を洗い、うがいをすることが大切です。

洗濯物はできるだけ乾燥機を利用するか部屋干しで。布団を外に干したときは、よく花粉を払い落としてから取り込み、さらに掃除機をかけて残った花粉を吸引しましょう。

室内の花粉を減らす
晴れて風が強い日中は、窓やドアをできるだけ閉めておきましょう。室内に漂っている花粉を取り除くには、空気清浄機が効果的です。

掃除をするときは花粉を舞い上げないことが大切なので、床や畳は拭き掃除をしてから掃除機をかけます。ソファやカーテンも念入りに掃除機をかけ、仕上げに家具を濡れた雑巾で拭きましょう。

花粉情報を活用する
花粉が飛び始める時期や量、花粉の多い日や地域、時間帯などの情報は日本気象協会などのホームページやテレビ、新聞、インターネットなどさまざまなメディアから手に入れることができます。
外出の計画などに役立てて、花粉から身を守りましょう。

雑草を刈り取る
イネ科やブタクサなどの雑草の花粉は、スギ花粉が数十〜数百キロメートル先にも飛散するのに対し、数キロメートル以内にしか飛散しません。

原因となる雑草が茂っている場所がわかれば、自分で刈り取る、土地の所有者に願い出る、河川敷などの場合は所轄の官庁に働きかけるなどして、原因の植物を刈り取ることができれば確実に効果が出ます。

このように、自分でできるセルフケアとしては外出時にマスク、めがねをして、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにする努力が必要です。

花粉症用のマスクでは花粉が約1/6、花粉症用のめがねでは1/4程度に減少することが分かっています。

また花粉情報に注意し、花粉飛散が多いときには無駄な外出は避けるようにしてください。
家にいる場合でも、花粉飛散の多いときには窓の開け閉めに注意をしましょう。もし、外出する場合には、けばけばした花粉のつきやすいコートを着ることは避けましょう。

外出から帰ってきてもすぐに顔を洗い、うがいをすることをお勧めします。全く症状をなくすことは不可能ですが、少しでも症状を軽くすることができると考えます。

鼻粘膜の状態を良くするように、悪化の因子であるストレス、睡眠不足、飲みすぎなどを抑えることが必要です。軽い運動などは花粉防御をしたうえでは推奨されると思われます。

セルフケアと医師、薬剤師による治療を含め、花粉症の季節を快適に過ごせるよう努力してみてください。

 花粉に負けない身体つくのお手伝い 彩農園のもりんが茶

モリンガは一般栄養素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸が多く含まれています。
ポリフェノールも赤ワインより多く含有しています。

お茶のようにただ飲むだけで簡単にお召し上がりいただけます。
 

amakusamoringa 花粉症の対処法
■マスクをして保湿する
マスクをして保湿、保温することで症状が緩和されます。さらに、マスクは鼻の中に入る花粉の量も減らしてくれるので、花粉症の時期には欠かせないアイテムです。

■目を冷やす
目のかゆみが強いときは、清潔なタオルで冷たいおしぼりをつくり、まぶたの上に置くと楽になります。


■生活習慣を改善する
疲労は自律神経を過敏にし、アレルギー反応を起こしやすくします。睡眠を十分にとり、ストレスを溜めないようにしましょう。また、お酒やタバコ、香辛料などは鼻の粘膜を刺激して、花粉症の症状を悪化させます。できるだけ控えましょう。

■栄養バランスの良い食事をとる
アレルギーに負けない体をつくるには、栄養バランスの良い食事をとるように心がけるのが一番大切です。とくに肉中心の高たんぱく質な食事は、アレルギー反応を悪化させるといわれているので注意しましょう。また、乳酸菌は花粉症の症状緩和に効果があるともいわれています。

花粉症対策のランキング
1位 マスク
2位 内服薬
3位 目薬
4位 メガネ
5位 点鼻薬
6位 空気清浄機
7位 室内干し
8位 鼻をかむ
9位 うがい
10位 ヨーグルト

                        お取扱い商品一覧

自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶのお茶
<モリンガ こなのお茶10P 徳用30P> <モリンガ つぶのお茶10P 徳用30P>   
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶徳用袋 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶ徳用袋
<モリンガ こなのお茶徳用袋 60g> <モリンガ つぶのお茶徳用袋 120粒>
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ葉のお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガくきのお茶
<モリンガ 葉のお茶10P 徳用30P> <モリンガ くきのお茶10P 徳用30P>

                    天草産 モリンガ 製品のご注文はこちらから

                                                        →このページのトップへ



ショッピングガイド
■お問合せ・ご注文 ■お支払い方法
 ・受付時間/10:00〜17:00(土日祝日除く) ※転送される場合もあります。
 ・代金引換(現金)※佐川急便  
  ・FAX:0969-32-2102  ・e-コレクト(代金引換サービス) クレジットカード払い※佐川急便
 ・メール・ファックスでもお問合せいただけます。    ・郵便振替(後払い)
     ・銀行振込(前払い)(肥後銀行/天草支店  三井住友銀行/熊本支店 ゆうちょ銀行)
■注文方法    ・郵便振込(前払い)
 ・インターネット 年中無休・24時間対応  
 ・お電話  0969-32-2002 (平日 10:00〜17:00) ■送料・発送方法について
 ・FAX    0969-32-2102 (24時間対応)  ・10P1袋以外は送料無料(沖縄県と離島は除きます)
   ・日付の指定は、ご注文日から5日後以降をご選択ください。
■返品交換について    ・製品の発送は、ヤマトメール便、佐川急便又はゆうパックとなります。 
 ・商品到着後、8日以内に必ずお電話にてご連絡ください。    ・メール便は、クロネコヤマトメール便で発送いたします。
 ・詳しくは弊社より送られてくるご注文の確認メールの詳細をご確認ください。


→ご注文、返品、お支払い等についての詳細はこちら


     クレジット、後払い、代金引換          


   ※メール便はポスト投函です。配達日時の指定は出来ませんのでご了承下さい。
   
モリンガ茶10P(こな・葉・くき・つぶ)※メール便 1袋 164円
モリンガ茶10P(こな・葉・くき・つぶ)  2袋から  送料
 無料 
 
モリンガ茶徳用30P(こな・葉・くき・つぶ)※1袋はメール便 1袋から
モリンガ茶徳用袋(つぶ120粒・モリンガパウダー60g)  1袋から 
モリンガ製品 定期 1袋から
モリンガサプリ120粒+モリンガ茶30P・モリンガパウダー60g 1セットから
トライアルモリンガ    ※メール便 1箱から 
彩農園トップ モリンガ100% 今すぐご注文 定期購入 よくあるご質問 会社概要 お問合せ


「天草モリンガ農場」  株式会社 彩 農園
担当 : 池嵜 陽子(イケザキ ヨウコ) 
E-mail : moringa@sainouen.com
〒863-2331 熊本県天草市五和町鬼池1330-1    TEL:0969-32-2002  FAX :0969-32-2102 


Copyright(C) 2009 天草モリンガ 栽培・卸・通販の彩農園 All Rights Reserved. 当サイトの画像・文章などの著作物をコピーすることを禁じます。