最上級のモリンガをご提供できるモリンガ専門店  モリンガ通販なら自然栽培の天草モリンガ農場彩農園 モリンガ通販なら露地栽培の天草モリンガ農場彩農園 モリンガ通販なら越冬株の天草モリンガ農場彩農園 
天草モリンガ 栽培・卸・通販
モリンガ通販なら天草モリンガ農場 彩農園
 クレジット、後払い、代金引換   
初回ダイレクト
商品購入特典
全額返金保障制度
 AM10:00〜PM5:00
※土・日・祝日は休業させていただいております。
彩農園トップ モリンガ100% 今すぐご注文 定期購入 よくあるご質問 会社概要 お問合せ


ショップガイド
  ご注文の流れ
  モリンガ製品のご案内
  今すぐご注文
  定期のご案内
  モリンガの苗木のご注文
  モリンガ種ご注文・植え方
  よくあるご質問
  送料について 
  お問い合わせフォーム
  特定商取引法に基づく表記
  プライバシーポリシー
  会社概要


お得な情報
モリンガのお試しなら天草モリンガ彩農園のトライアルモリンガ

お得なモリンガなら天草モリンガ彩農園のモリンガ徳用定期購入

経済的なモリンガは天草モリンガ彩農園のモリンガ徳用袋


彩農園と彩農園のモリンガ
  お茶の飲み方・保存方法
  モリンガのレシピ
  彩農園のモリンガを食べる
  モリンガのお取扱店さま
  彩農園のモリンガ圃場
  彩農園の健康コラム
  彩農園の活動・記事

モリンガについて
  モリンガとは
  モリンガの花
  モリンガの葉
  モリンガの種
  モリンガの雑学


天草モリンガ彩農園のお客様からの良くある質問

天草モリンガ彩農園のお客様の声

天草モリンガ彩農園のご注文の流れ

天草モリンガ彩農園のモリンガ試験結果


モリンガの含有成分とその働き
  モリンガの成分分析表
  ミネラルについて
  青汁


天草モリンガ農場 彩農園へのお問合せはこちらから


モリンガをより知っていただく為に… 
モリンガ100%
彩農園のモリンガ100%の錠剤
 ・錠剤 タブレット    
 ・健康食品と賦形剤(増量剤)
 ・健康食品を加工する順番  
 彩農園のモリンガ


◇授乳中のお母さんへ 
健康な母乳を作る為に役立つモリンガ 
 ・妊婦等への注意喚起表示
 ・母乳はお母さんの血液
 ・母乳に含まれる栄養素
 女性ホルモンに関わる栄養素


◇美容との関係  
 美容に良い成分を含むモリンガ
 ・アンチエイジング
 美白  whitening
 ・美肌
 ・活性酸素


◇有酸素運動にモリンガ BCAA 
燃焼系のアミノ酸を含むモリンガ 
 ・筋肉とアミノ酸
 ・サルコペニア
 分岐鎖アミノ酸(BCAA)


アーユルヴェーダ
アーユルヴェーダで活用されるモリンガ 
 ・アーユルヴェーダ 概要
 ・アーユルヴェーダ ヨガ
 ・アーユルヴェーダ 瞑想


◇花粉症
花粉症対策にモリンガ


◇インド モリンガ視察
インドモリンガの視察 

NPO法人インドに幼稚園を作る会
NPO法人インドに幼稚園を作る会
インドのデカン高原に約6hのモリンガ農場を作り、現地の村人の収入源の産業を支援しております。インドのモリンガ農場でも自然栽培でモリンガを栽培いたしております。彩農園のモリンガ種は、この農場で採種したものを販売いたしております。彩農園は、売上の一部を会に寄付いたしております。


 【 モリンガを食べよう〜 】
薬膳野菜のモリンガを食べよう 
彩農園認定証

農林水産省六次産業の認定
六次産業化
総合化事業計画認定証

(平成25年6月3日認定

食育指導士認定証
食育指導士認定証
(平成24年2月28日認定)

天草市認定農家認定証
天草市認定農家
(平成23年9月1日認定)


お支払い方法

クレジット、後払い、代金引換

代引手数料 
 代引金額 手数料 
 〜10,000円  324円
 〜30,000円  432円
 〜50,000円 648円

  



amakusamoringa アーユルヴェーダー meditation 

モリンガは、インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」で
約300もの病気を予防するとして ハーブ療法に使われています。


瞑想はドーシャを安定させ、心の中を空っぽにすることにより、自分と向き合うトレーニング

   インド原産 モリンガ アーユルヴェーダ

amakusamoriga 瞑想の起源と歴史 
モヘンジョ・ダロの都市遺跡から発掘された印章のなかに、坐を組んで瞑想する人のデザインが刻まれているのが発見された事から、瞑想は紀元前2500年ごろのインダス文明に、起源をもつことが指摘されており、この印章が、いまのところもっとも古い瞑想の起源をしめす資料だと言われています。

モヘンジョダロはハラッパーとともにインダス文明の中心都市であり、いまから約5000年前、紀元前3000から2500年にかけて繁栄した街です
まだ解明されていないことがたくさんあって、いろいろと謎の多い文明ですが、あるとき高度な知識をもって忽然とあらわれ、あるときまた忽然とどこかへ消えてしまった文明だとも言われています。

                             インド原産 モリンガ インド原産 モリンガ アーユルヴェーダ  インド原産 モリンガ

この様な背景から、瞑想は約5000年前には行われてことになります。

約3500年前にいまのトルキメスタンのあたりからインドに移動してきたアーリア人たちは、このようなインダス文明の果実を継承しながら、サンスクリット文字を創造し、ヒンズー文化を創りあげていったと推測されています。

今から約2500年前(紀元前500年)にブッダは、アナパナサティというヨガの瞑想法を実習して光明を得たと言われて。その頃には、すでに多くの修行者たちと多くの宗派が存在していました。


ブッダはその中のひとりであり、ヒンズー教の人たちにとっては、ブッダは仏教の始祖というより、ヒンズー教の偉大な聖者たちのひとりだと認識されていたのでは…との説もあるようです。
ブッダは人の名前ではありません。ブッタは「叡智を得た人、悟りを得た人」という意味です。


この頃には、すでにいくつかのウパニシャッドが書かれており、瞑想の技法も多々あり、ヒンズー教という宗教体系が大きなうねりとしてできあがりつつあったことがわかるそうです。
そして、いまから約1500年前に、パタンジャリが出てきてヨガ・スートラを編纂して、ヨガの基本的な体系ができあがりました

ブッダの教えは多くの弟子たちによって継承され、アジアの国々に広まっていきました。
そのなかでもマハカッシャパによって継承された「教外別伝、不立文字」と言われる教えが禅の起源で、ブッダから数えて第28祖であるボーディダルマ(達磨)がインドから中国へ伝え、老子の教え(道教)と深く融合して中国禅となったそうです。

日本には、鎌倉時代に栄西や道元たちによって中国(宋)をとおして、禅(瞑想)が伝わりました。
これが日本の禅のはじまりです。

                                  瞑想 禅
 

                                                        →このページのトップへ

amakusamoriga 瞑想とヨガ 
ヨガの起源も瞑想の起源同様、同じインダス文明の瞑想する人の印章に、ルーツを見出しているようです。
つまり、瞑想とヨガとは同じところに起源をもっていることになり、瞑想が始まったときにヨガが始まった、と言うことができるそうです。

ヨガの根本的な基盤には、瞑想が横たわっているのです。
瞑想の欠如したヨガは、本来、ヨガではありえないと言われています。
                                                   
ヨガという言葉は サンスクリット語のユジに由来し、「つなぐ」という意味です。
元々この言葉は馬をつなぐときに使われていた言葉なので、ヨガという言葉によって「感官を制御し、瞑想をおさめることによって、おおいなる存在とひとつになる」というヨガの目的も言葉のなかに含まれているそうです。

ヨガの起源はインダス文明の瞑想する人の印章に見出されていますが、ヨガという言葉が歴史のなかで現れてくるのは、紀元前800年から500年の「古ウパニシャッド初期」に成立した「タイッティリーヤ・ウパニシャッド」においてだそうです。

しかし、紀元前500年ごろに、ブッダはヨガの瞑想法、アナパナサティ・ヨグを実習したと記録されているので、そのことにはヨガの技法が広く修行者たちによって実習されていたことが分かる、と言われています。

                                 インド原産 モリンガ アーユルヴェーダ

また紀元前350年から300年頃に成立したとされる「カタ・ウパニシャッド」には、「感官の確かな制御がヨガである」というヨガの定義が初めて出現します。

ヨガの理論的な基盤が確立されたのは、2−4世紀にかけて、サーンキヤ学派の形而上学を理論的な基盤として、パタンジャリがその実践方法を「ヨガ・スートラ」としてまとめてからです。


心の寂滅とは、禅の言葉でいえば無心という言葉だそうです。無心とは、瞑想のなかで心の動きが止まっている禅定(ディアーナ)の状態を、別な言葉で表現しているだけのことですから、瞑想とヨガは深いところでは、同じコインの裏表であると言われています。
表がなければ裏は存在せず、また裏がなければ表も存在できません。

瞑想とヨガは、その核においては同意義語であるかもしれないと言われています。

 

                                      このページのトップへ

精神を安定させ、不安を緩和させると言われるギャバ(γ-アミノ酪酸)…モリンガはギャバを含有しています。お茶のようにただ飲むだけで簡単にお召し上がりいただけます。 
                                         →モリンガの栄養素

お取扱い商品一覧

自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶのお茶
<モリンガ こなのお茶10P 徳用30P> <モリンガ つぶのお茶10P 徳用30P>   
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガこなのお茶徳用袋 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ100%つぶ徳用袋
<モリンガ こなのお茶徳用袋 60g> <モリンガ つぶのお茶徳用袋 120粒>
自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガ葉のお茶 自然栽培の天草モリンガ彩農園 モリンガくきのお茶
<モリンガ 葉のお茶10P 徳用30P> <モリンガ くきのお茶10P 徳用30P>

天草産 モリンガ 製品のご注文はこちらから

                                                       →このページのトップへ

amakusamoriga 瞑想  meditation 
瞑想はドーシャを安定させ、心の中を空っぽにすることにより、自分と向き合うトレーニングです。

疲れた心がリセットされることで、日常生活のしがらみから解放された、自由で安らかな感覚を体験できます。

瞑想の効果は、心のリセットによって、ものごとの捉え方が前向きになり、毎日が幸せに感じられ、人間関係も好転したり、集中力が高まることによって仕事の効率も上がるなどの変化が見られるようになるそうです。

                          インド原産 モリンガ アーユルヴェーダ

ヨガのポーズは瞑想をするために取るポーズです。このことからも 瞑想とヨガは大変重要な位置関係にあります。

瞑想はチャクラを調えることで瞑想を深めていきます。そして、好きな坐法で坐り呼吸を調えたら、一つずつチャクラを調えていき、最低10分、慣れてきたら少しづつ時間を延ばしていった方がいいようです。

朝がベストです。瞑想を深めることにより新しい自分に生まれかわるのです。

 

                                    このページのトップへ

amakusamoriga 瞑想に必要な空間 
瞑想は心を空っぽにして内面の自分と向き合う行為ですから、それをするにふさわしい環境作りも大切です。

適している時間帯は朝だそうです。空気が澄んでいて、力強いエネルギーに満ち、それが瞑想力を高めてくれます。瞑想をする前にはトイレを済ませ、空腹な状態が良いそうです。

場所は静かなところで、自然光が差し込み、清潔な所が適しており、心身ともにリラックスした状態で座り、思考を流れに任せます。呼吸に意識を向け、心臓の鼓動を身体で感じます。この呼吸のバランスを全身で感じながら、生きている
ことの素晴らしさに感謝し、ゆっくりと座るだけで脳波が安定し始め、心臓が規則正しく動き、心身がリラックスしてきます。

瞑想には欠かせない座法は、盤座か結跏趺座で背筋をまっすぐ伸ばして座ることだそうです。
 

                                インド原産 モリンガ アーユルヴェーダ

                                               →このページのトップへ

amakusamoriga 瞑想の重要性 
瞑想は心の深い部分にある緊張を解き放ち、ここちよい安らぎをもたらしてくれます。毎日を忙しく過ごす中で、仕事のトラブルや悩み事、人間関係からくるストレスは、知らないうちに積もり積もっていくものです。そのまま放っておくと、心はどんどん弱くなり、疲れ果て、ネガティブな事ばかりを考えてしまうようになります。自分の心に手をあて、心の悲鳴が聞こえないか聞いてみて下さい。

一度 心を真っ白にリセットできれば楽になれることは沢山あります。しかし、心は見えないし、触ることもできません。そんな心と向かい合う為に役立つのが瞑想です。心を空っぽにするトレーニング法を知りましょう。

また、瞑想=小さな死と表現されることもあり、波ひとつ立っていない水面のような、ピタリと時間が止まった静けさを目指します。このトレーニングで得られる空っぽの状態が、バランスのとれた心の状態です。雑多な日常生活のしがらみから解放され、自由で安らぎのある感覚を得ましょう。
 


モリンガの栄養素が丸ごと飲める 彩農園 天草もりんが こなのお茶

                                                 →このページのトップへ



ショッピングガイド
■お問合せ・ご注文 ■注文方法
 ・受付時間/10:00〜17:00(土日祝日除く) ※転送される場合もあります。
 ・インターネット 年中無休・24時間対応
  ・FAX:0969-32-2102  ・お電話  0969-32-2002 (平日 10:00〜17:00)
 ・メール・ファックスでもお問合せいただけます。    ・FAX    0969-32-2102 (24時間対応)
   
■お支払い方法   ■返品交換について
 ・代金引換(現金)※佐川急便  
 ・e-コレクト(クレジットカード払い)※佐川急便 ・郵便振替(後払い)

  ・NP後払い
 ・銀行振込(前払い)
    (肥後銀行/天草支店  三井住友銀行/熊本支店 ゆうちょ銀行)
 ・郵便振込(前払い)



 
クレジット、後払い、代金引換      
    
          

   ・商品到着後、8日以内に必ずお電話にてご連絡ください。
           →ご注文、返品、お支払い等についての詳細はこちら
 
■送料・発送方法について
 ・10P1袋以外は送料無料(沖縄県と離島は除きます)
 ・日付の指定は、ご注文日から5日後以降をご選択ください。
 ・製品の発送は、ヤマトメール便、佐川急便又はゆうパックとなります。
 ・メール便は、クロネコヤマトメール便で発送いたします。
 ・詳しくは弊社より送られてくるご注文の確認メールの詳細をご確認ください。
 ※メール便はポスト投函です。配達日時の指定は出来ませんのでご了承下さい。
 
モリンガ茶10P(こな・葉・くき・つぶ)※メール便 1袋 164円
モリンガ茶10P(こな・葉・くき・つぶ)  2袋から  送料
 無料 
 
モリンガ茶徳用30P(こな・葉・くき・つぶ)※1袋はメール便 1袋から
モリンガ茶徳用袋(つぶ120粒・モリンガパウダー60g)  1袋から 
モリンガ製品 定期 1袋から
モリンガサプリ120粒+モリンガ茶30P・モリンガパウダー60g 1セットから
トライアルモリンガ    ※メール便 1箱から 
 
彩農園トップ モリンガ100% 今すぐご注文 定期購入 よくあるご質問 会社概要 お問合せ


「天草モリンガ農場」  株式会社 彩 農園
担当 : 池嵜 陽子(イケザキ ヨウコ) 
E-mail : moringa@sainouen.com
〒863-2331 熊本県天草市五和町鬼池1330-1    TEL:0969-32-2002  FAX :0969-32-2102 


Copyright(C) 2009 天草モリンガ 栽培・卸・通販の彩農園 All Rights Reserved. 当サイトの画像・文章などの著作物をコピーすることを禁じます。